も  の  の  な  り  た  ち 。


ものの形には意味があります。


人が使いやすい便利なかたち
機能的で効率が良いかたち
丈夫で長持ちするかたち。

しかし中には長い年月の中で、意味や用途がわからなくなり
知らず知らずのうちに別の用途で使われているものもあります。


例えば、トレンチコートやピーコート、セーラー服。
元は軍服に由来するのは有名な話です(現在でもトレンチコートのベルトには
手榴弾を留めつけるための金具が付いています)。
なんでも入ってとっても便利、いろんな種類があるトートバッグは、
元は氷を運ぶためのバッグだったそうです。
暑い日に活躍する扇子(せんす)、どうやら古代のメモ帳から派生したものらしいです。
女性のおしゃれのたしなみ、パンプス。一説によると馬車の御者用の靴だったとか。

人類は時代や国籍を問わず、機能を超えてデザインを楽しむ豊かな心や
本来の用途を別の用途に置き換えて楽しむチャーミングな遊び心を持っています。
日本では茶道においてその心を「見立て」と呼ぶようです。

ドワーフメイドが作り出すものは、なぞなぞやクイズのように「何かの機能」が隠れています。
もちろん使い方は人それぞれ、自由で楽しく豊な気持ちで使ってくれることを期待しています。